5G is ON - Huawei

Huawei

5Gの始動

5Gの開発スピードは想像をはるかに超えて加速しています。世界の大手通信事業者は5Gの商用展開をこれまでにない速さで発展させ、業界はすでに5G標準の製品、端末、セキュリティ、ビジネスなどのさまざまな分野に対応しています。ファーウェイは、5Gによるイノベーションチャンスをつかみ、5G新時代の先駆けとしてお客様およびパートナー企業と緊密に協力していく予定です。

動画を見る(英語字幕)

ニュース

5Gのパイオニア

5Gユーザー事例

新たなビジネスモデル、クラウドX:スマート端末 + プロードパイプ+ クラウドアプリケーション

クラウドXは、スマート端末、ブロードパイプ、クラウドアプリケーションを特徴とする新たなビジネスモデルです。「X」は、PC、ゲーム、AR/VR技術にも使えます。

クラウドPC:モバイルワークステーション

クラウドPCはファーウェイのまったく新しい5Gベースのクラウドホスティングサービスで、モバイルワークステーションあるいはゲームホストとして機能します。クラウドPCにより、デザイン会社は柔軟なコンピューティング(ユースオンデマンド、あるいはリターンオンデマンド)を通じたハードウェアOPEXを削減し、キャンパスコースウェアコンテンツの統合管理や配信を容易にし、ヘッドセットがいらない没入型体験を可能にします。

クラウドゲーミング:AAAタイトルの大規模なゲームを携帯でプレー

クラウドゲーミングによって、地域に固定されたゲーミングホストからクラウドベースのゲーミングホストに置き換わります。「5G +クラウド」の組み合わせは、ゲーム市場に革新的な影響をもたらすでしょう。通信事業者専用の5Gネットワークとクラウドベースの大量の資産は、1000億規模の強力なゲーム市場を開くことが期待されています。

クラウドAR/VR

クラウドAR/VRは、クラウド上でレンダリングとコンピューティングを実行します。クラウドベースのレンダリング後、5Gは、100Mbps以上の帯域と20ミリ秒以下のレイテンシーを提供することでユーザーエクスペリエンスを保証し、めまいを防ぐためのクラウドVRの必須条件となります。

中国初のスマート高速デモンストレーション建設を実現するC-V2X車両と道路のコラボ技術

C-V2Xスマート高速ソリューションは、カメラ、レーダー、その他の道路脇のセンサー端末を提供します。

プラグアンドプレイホームブロードバンドサービス

フィリピンのホームブロードバンド市場は、複雑ですぐに変化しやすい市場です。ファーウェイのワイヤレスWTTxは柔軟なサービスを提供することで、フィリピンの通信事業者グローブ(Globe)に前払い・後払いサービスを提供しています。この無線ホームブロードバンドサービスはインストール不要で、プラグアンドプレイをサポートしています。オンライン、または7イレブンのようなコンビニエンスストアで購入できます。

デジタルの分断化をブリッジする架空光ファイバー

カナダの人口過疎地域、特に極寒で遠隔地の北部では、デジタルデバイドの問題が起きています。老朽化した衛星通信がもたらした貧弱なユーザーエクスペリエンスと天文学的な価格は受け入れがたいが、既存の銅線と光ファイバーを展開することはできません。

5Gソリューション

ファーウェイは5Gの全帯域、全シナリオの想定、完全なRAT製品ソリューションで、お客様が最高品質の5Gネットワークを構築することを可能にしています。5Gの大容量MIMO AAUで、さらに容易な展開とO&Mが可能になり、5Gの簡素化されたネットワークは究極のパフォーマンスを可能にすることで、5Gによる究極のサービス体験身近なものになります。 

ファーウェイのX-Haulは、バックホールとフロントホールに対するあらゆる状況のソリューションを提供しています。バックホールのシナリオでは、ファーウェイは業界初の5Gルーターを発表、費用対効果の高い50GEアクセスリングネットワークをサポートし、100GEとの互換性を実現しています。

マイクロサービスベースのソフトウェアアーキテクチャ、SBAネットワークアーキテクチャ、強化されたコンピューティングフラットフォームを構築上に構築されたファーウェイの5Gコアネットワークは、リアルタイムなビジネスアジリティ、ネットワークの自律性、ネットワークの自動化、ムーアの法則を上回るビットあたりのコスト削減をもたらします。そして通信事業者が収益を増加させ、持続的にTCOを最適化することができます。

ファーウェイは、5Gネットワークの計画、構築、メンテナンスの各段階を通じて、顧客の業務および運用の流れに合わせてエンドツーエンドのプロフェッショナルサービスを提供しています。これにより、効率的なクロスドメイン5Gネットワーク計画と迅速で正確な5Gネットワーク構築を通じて、お客様が競争力を確立することができます。

ファーウェイ5Gの発展
  • 12 1 02

    R&D投資の優位性

    2009年から2013年の間に、ファーウェイは5Gの技術研究に6億米ドル以上を投資。これに続いて、2017年と2018年には、5G製品の開発におよそ14億米ドルを投資しました。

  • 12 2 01

    ビジネス協力の優位性

    2019年1月29日までに
    パートナーとの協業:50社以上
    5Gの商用契約:30
    基地局の出荷数:25000

  • 12 3 01

    業界団体による認識

    5G Evolution Outstanding Contribution賞、Best Infrastructure Award、5G R&D Outstanding Contribution賞など、5G業界でのさまざまな賞を受賞

  • 12 4 01

    成熟したE2E技術

    商用5GのCPEを含む、エンドツーエンドの5G製品とソリューションを提供できる唯一の機器プロバイダー。競合他社と比較して12ヶ月から18ヶ月先んじています。

リソース