固定ネットワーク

クラウド・コンピューティング、IoT、4Kビデオの業界チェーンの発展により、固定ブロードバンド業界は急成長しています。通信事業者は、事業戦略の中心にフルサービス・オペレーション、4KウルトラHD動画、SDNを据えています。世界的に、固定ブロードバンドがICT産業における重点的な投資対象になっています。

超広帯域ネットワークの構築では、FMCを特徴とするフルサービス・オペレーションが多くの通信事業者の事業戦略となっており、エンドユーザーはエクスペリエンスの向上を期待しています。よりよいユーザー・エクスペリエンスが絶えず要求されることにより、ネットワーク・インフラとインターネット・コンテンツの垂直統合が必要になります。ファーウェイは2014年、FMCをFBB、MBB、コンテンツを統合したFMC 2.0にアップグレードしました。これにより、通信事業者は最適化されたサービス体験を提供するフルサービスのネットワークを構築できるようになります。その結果、通信事業者は自社の競争力や顧客ロイヤルティを向上できるだけでなく、コンテンツの制御により持続的な収益性の高い成長が可能になりました。

ディスプレイやスクリーン体験への人々の要求には際限がありません。4KウルトラHDビデオ技術は成熟してきており、今後2年間で大規模な普及が見込まれます。こうした状況において通信事業者は、高品質の4K/8Kビデオに対応できるようにネットワークを最適化することが必要になります。SDNは、オープン・イノベーション、効率的な運用、O&Mの簡素化という事業価値を通信事業者にもたらします。この価値は商業用途で証明されており、SDNは将来的に商用展開されるでしょう。クラウド時代の企業にはハイブリッド・クラウドが必要です。クラウド・サービス市場において、クラウドの接続性が通信事業者に戦略的機会をもたらします。通信事業者がFBB、MBB、コンテンツを統合するFMC 2.0時代には、ネットワークがアプリケーション、クラウド、およびエクスペリエンスにおいて最適化されます。ファーウェイはオープンかつイノベーティブな姿勢を保ち、より競争力のあるソリューションを提供することで業界の発展を促進し、グローバルのお客様にとって信頼できる戦略的パートナーであり続けます。